雨の紫陽花-天龍寺庭園

雨ふりの日曜日。
雨に濡れた紫陽花を撮りたくて、天龍寺の庭園に行ってきました。

20170625_5


20170625

広大な庭園のしっとりとした緑のなか、そこここに紫陽花の花が咲いています。

20170625_2

20170625_3

緑と白の葉っぱがさわやかな半夏生も見ごろでした。

20170625_4

雨にぬれた楓の青葉が美しい。

20170625_6


20170625_7

苔に散るのは  夏椿でしょうか。

20170625_8

雨は降ったり止んだり。
庭園は水の潤いに満ちて、花や緑を撮るのにちょうどよい日でした。

立派な枝垂れ桜が何本もあったので桜の季節にもまた来てみたいな。


訪問:2017年6月25日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早朝の竹林の小道へ

土曜日の朝6時。
京都・嵯峨野の観光名所、竹林の道にいってみた。

いつもたくさんの観光客が通り、それぞれに写真を撮っている場所だけど
早朝なら昼間よりも人も少ないだろう、と思っておりました。

たしかに人は少なかったんだけど・・・竹林の小径の真ん中に車やバイクを止めて写真を撮っていたり、傍若無人な人々がいて、なかなか無人の瞬間が訪れない。
三脚をたてて座り込んでいる外国人は、あと10歩後ろに下がってくれればよいのに。
・・・その人がそこにいるせいで、広角のアングルで写真が撮れない・・・bearing

そんなかで、朝の光に包まれた竹林の道の写真を撮りました。

20170624

20170624_2

20170624_3

なるべく人がはいらないようによけてシャッターを切っています。


そんなこんなで1時間以上、現場で待機していたら、ふと、完全に無人になる瞬間がやってきた。

20170624_4

20170624_5

201706242

2017.6.24訪問

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅宮大社の紫陽花

紫陽花を撮りたくて、どこかいいところないか調べてみたら、「梅宮大社」の庭園に紫陽花がたくさん咲いているということだったので出かけてみました。

神苑にはいるとすぐに大きな池があって、花菖蒲がキレイに咲いておりました。

Photo
そして輝く緑のなか、たくさんの紫陽花が咲いていました。

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

Photo_7

とてもたくさんの種類の紫陽花が咲いていて、キレイでしたがそれほど人は多くなくて、静かに紫陽花と向き合えるなかなか素敵な庭園でした。

消火栓の隣では猫さんがすやすやとおやすみになられておりました。

Photo_8

猫が多くて有名な神社だそうですが、私が会えたのはこの猫さんだけ。

あとで知ったのですが、この神社、岩合光昭先生の「ねこの京都」で撮影された場所だったのでした。
写真展の図録を見返してみると、アジサイの季節ではないけれど、訪問したばかりの神社の風景が映っていました。あー。この写真はあそこで撮られたのだわ、って。
・・・なんか嬉しいです。

訪問日:2017年6月17日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マチュピチュ村で出会った猫さん

マチュピチュ遺跡に行くために一泊したマチュピチュ村では、何匹かの猫さんに出会うことができました。

川沿いの道でお会いした猫さん。

1

スレンダーなボディ。なかなかの美猫さんです。

1_2

1jpg

しっぽのさきっぽがくるりん。

1jpg_2

ベンチの下にいる三毛猫さん。

Photo
お水を飲んでらっしゃいます。

Photo_2

Photo_3

Photo_4
ペルーの街を歩いていると、猫より犬のほうが圧倒的に多かったです。

ディナーのレストランでは、テーブル下にずっとわんこが待機してて、なんか落ち着かない食事時間でした・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボリビア&ペルー南米の旅<マチュピチュ>の写真をアップしました。

いつかは行きたいとずっと願っていたあこがれの世界遺産「マチュピチュ」。
声に出して読みたい世界遺産「マチュピチュ」。

ペルー&ボリビア南米の旅に、「マチュピチュ」の写真をアップしました。

こちらよりご覧くださいませ>>

マチュピチュへの旅路は、クスコが起点となります。
現地でなんとかなるだろう、と事前にはなにも予約せずにとりあえずクスコに到着して、街中にある旅行会社にいってみた。旅行会社はクスコの街にたくさんあります。

どこも条件は似たようなもの。3件目にはいった旅行会社でマチュピチュツアーを申込みをしました。クスコからマチュピチュまでの交通機関往復と遺跡の入場料、ホテル1泊の宿泊費含めて、料金は270USD。(クレジットカード・アメリカドル払い。)

出発は翌日朝。AM9:40クスコの広場に集合し、そこからツアー会社の手配したバスに乗ります。

バスの車窓より。のどかな野原が広がるすてきな風景。

Mcpc1

Mcpc2

Mcpc3

クスコからバスで2時間ほどでオリャイタイタンボに到着。

バスを降りて、駅までの道。レストランやお土産屋さんなどが並びます。

Mcpc
この道中で子猫をみつけました。 南米では猫に会うことが少なかった・・。

Mcpc_2

Mcpc_3犬ならそこら中にいてはりました。

駅から列車「インカレイル」にのります。
Mcpc_4

車内の様子。結構狭くて、きちきちでした。
Mcpc_5

流れが急な渓流沿いを列車は走ります。Mcpc_6

1時間30分ほどでマチュピチュの駅に到着。Mcpc_7



Mcpc_8

駅のすぐそばにある市場。お土産の民芸品がずらりとカラフルな色の洪水。

Mcpc_10

レストランやホテルが並ぶ坂道。村のメインストリートです。

Mcpc_9
川沿いに黄色い花が咲いていました。

ゴミ箱がカエルの形をしていてかわいかったです。

Mcpc_11

この日はマチュピチュ村で1泊し、遺跡には翌朝、専用のバスに乗っていく。

遺跡見学したあと、夜の電車でまたクスコに戻る。ツアーが手配した電車の時間が遅く、クスコに着いたのは深夜の2時を過ぎてました。


マチュピチュ遺跡の写真はこちらよりご覧ください>>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017沖縄-親孝行の旅。

父とともに、沖縄旅行してきました。

それほど遠い距離に住んでいるわけでもないのに、親のことはほったらかしにして自由にさせてもらっておるのですが、自由時間がたっぷりのこの機会に親孝行でもしておこうかと。
どこか行きたいところあったら連れていくよーと聞いてみたところ、「沖縄に行きたい」と。
で、沖縄です。

航空券とホテルとレンタカーのパッケージツアーで、安い日程を選んで決めたのが、たまたま父の誕生日crown出発だったので、誕生日祝いを兼ねての2泊3日沖縄旅行となりました。

梅雨入り直前の沖縄、天気予報はrain雨マークでしたが、幸い雨に降られずにすみました。
cloud曇りがちのお天気で、本気の沖縄の海の色が見られなかったのはちと残念です。ま、こればっかりはしょうがない。

空港でレンタカーrvcarを借りて、運転担当は私です。
運転スキルが低くて都会では運転できない田舎専門ドライバーのわたくし、
沖縄で運転してみてビビリました。沖縄の道路、全然都会やん!車線多いし、車がんがんはしってるし、しばしば渋滞発生するし・・・!
沖縄の道路、なめてました。謝ります。ごめんなさい。

今回の旅で私の運転スキルもかなりアップしたはず。がんばって有料道路を走ったり、車線変更したり、ホテルの狭い駐車場にバックで駐車したりできたもんんねーー!←いずれもめったにしたことがない。

2017
知念岬公園の階段でくつろいでいた猫さん。

2017_2
人懐こいコで、思う存分なでなでさせてくれました。

2017_3

2017_4


2017_5

2017_6

2017_7

2017_9



2017_8

今回の旅行で実感したのは・・・父も歳をとったんだなーすっかりじいちゃんだなーということ。
普段、家事全般なんでもひとりでちゃんとやっているので歳のわりに元気でしっかりしてると安心しておりました。

が、普段の生活圏とはぜんぜん違う遠方にはじめて連れ出してみて、こんなことも知らなかったのか!?こんなこともできないのか、と驚くこともしばしば。

父の接待に徹した今回の旅、たいそう喜んでくれたみたいで、連れてってよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盆栽とか藤とか日光とか-2017GW北関東の旅。

自由時間をたっぷり手に入れた2017年春の旅の記録。

たまったマイレージをつかってairplane東京にいき、埼玉とか栃木とか、北関東方面を旅しました。

2017gw

大宮盆栽美術館で盆栽の美しさに酔いしれる。
盆栽、ほんまにええわぁ。盆栽村には手頃な盆栽もたくさん販売してて、めっちゃ欲しくなったけど荷物になるからがまん・・。bearingいつか手に入れたい。。ちゃんと育てられる自信はないけど。。

2017gw2

栃木の蔵の街を歩きました。うずま川にはたくさんのこいのぼりが泳いでいました。

2017gw1

あしかがフラワーパークでは藤の花がちょうど見ごろ。藤棚に咲き誇る無数の花が圧巻でした。

2017gw_2

足利学校、鑁阿寺、足利織姫神社など足利駅周辺を観光。 2017gw_3

2017gw_4
日光東照宮。リニューアルしたばかりの陽明門の絢爛豪華な姿かたちに目がくらむ。

2017gw_5

2017gw_6

明知平ロープウェイに乗って、展望台からの景色。中禅寺湖から流れ落ちる華厳の滝。
地形がよくわかる、これはすごいわぁ・・・。

2017gw_7

戦場ヶ原。ここらあたりはまだ春浅く、雪が残っているところも。
2017gw_8


| | コメント (0) | トラックバック (0)

6年ぶりの上陸~屋久島へ行ってきました。

心のふるさと、屋久島へ行ってきました。
マイレージを使って、ゴールデンウイーク前の時期に大阪・屋久島直行便の航空券がとれたので、4/22から4/26の4泊5日間の日程です。(あわただしく引っ越しの4日後に旅にでました。)

屋久島へは、6年ぶり11回目の訪問です。

2017422


club1日目 4/22(土) 

10:15大阪伊丹発airplane11:50屋久島着 
直行便だと本当に早い!ウユニ塩湖やマチュピチュと比べると屋久島ってなんて近いの・・・!!!
レンタカーを借りて、半時計回りで島1周。
矢筈灯台、矢筈神社、屋久島灯台、西武林道を通って大川の滝。
宿泊は安房の「杉の里」

2017423


club
2日目 4/23(日) 
朝5時宿を出発して太忠岳登山。
6時、ヤクスギランド入口出発。午前9時半、太忠岳の天柱石到着。
下山後、春田浜でぼーっとして宿に帰る。「杉の里」泊。

2017424

club3日目 4/24(月)
朝、春田浜で朝日を眺める。朝食後、白谷雲水峡へ。11時ごろ森歩き開始。
13時ごろ太鼓岩到着。天気は曇っているけど、視界は良好。開聞岳まで見えた。
新緑と山桜の色彩のなんと美しいこと・・・!

下山後、永田のいなか浜へ。夕日sunを待つ。雲の切れ間から太陽が差し込む瞬間があったものの、雲が多く、空は焼けず。
宿泊は永田の「屋久の子の家」

2017425


club日目 4/25(火)

いなか浜で朝のおさんぽ。朝食後、横河渓谷へ。永田とうふでできたてのお豆腐をたべる。
西武林道でたくさんの猿と鹿に会う。
途中よりみちしながらのんびりドライブ。
宿泊は再び安房の「杉の里」

2017426

club5日目 4/26(水) 
朝から雨。「杉の里」をチェックアウトしたあと、時計まわりでドライブ。小雨の中、栗生の「石楠花の森公園」を散策。平内の「な~ゆ~カフェ」でランチ。雨が激しくなってきた・・・。屋久島いわさきホテルへ行き、ラウンジでケーキセットを注文。ガラス窓越しに、激しく降る雨をぼんやりながめながら、ゆったりティータイム。尾之間のAコープで買物後、空港へ。

18:00の飛行機で大阪に戻るはずだったけど、悪天候のため、欠航にshock
空港で振替便の手続きをし、今夜の宿泊の手配をしてふたたび安房の「杉の里」へ。

club6日目 4/27(木) 
朝食後「杉の里」をチェックアウト。春田浜ですこし海を眺める。
レンタカーを返却し、屋久島空港を出発。

11:15屋久島発airplane11:50鹿児島 12:15鹿児島発airplane13:25大阪伊丹空港着

| | コメント (0) | トラックバック (0)

引っ越にまつわるトラブルあれこれ。

2017年4月18日に引越しをしました。

20年近く住んでいた1DKのアパートを出て、ぐんと広くなった2DKの賃貸住宅へ。

引っ越し前にいろいろ処分はしたんだけどそれでも1DKの単身者にしては物が多かったため、荷造りがほんとーーに大変やった。coldsweats02
段ボールと段ボールを置く場所が足りない状態となり、引っ越しやさんに運んでもらいながら荷造りしてました。

部屋の奥からは「こんなものしまってたっけ?」て記憶から消えているものが次々でてくるし。

荷造りの最後の最後に、クローゼットの奥から前回の引っ越しで使った段ボール箱がどっとでてきたんだけど、段ボールがなくて困ってたときに出て来いよ。こんな奥にしまってちゃあ、荷造りに役立たんじゃないか、と過去の自分に激しく突っ込みいれる。

「いつか使うかも」、ととっておいて梱包のときに役に立ったのは新聞紙とビニル袋。新聞はとっていないので、海外旅行したときに、飛行機で外国語の新聞紙を入手してもって帰っていた時期がありました。

新居に移動してから、業者さんにガスの開栓をしてもらうときに、問題は起こった。
ガス漏れが発生しているため、今、開栓ができないとのこと。
これから修理業者を呼んで来てもらうので、ガス開栓は、修理完了後になると。

1時間後くらいに修理業者さんがやってきて、外のガスメーターで発生したガス漏れの修理を行った。修理完了後、チェックするとまだガス漏れしているということで、キッチンの元栓を確認しはったところ、元栓のところでもガスが漏れていることが判明。しかし、いま手持ちの道具では直せないとのこと。また、修理は有料になるので、家主か管理会社から発注してもらわないと動けないと。

管理会社に電話して状況を説明すると、修理については家主に確認とってから折り返し連絡するとのこと。
修理業者のおにーさんはしばらく連絡がくるのを待っていたけど、折り返しの電話がかかってこないので、いったんかえっていきました。

管理会社からは、そのあと電話がはいって、今日はもう時間が遅く、家主に確認がとれなかったのでまた明日連絡する、とのこと。

結局引っ越し当日はガスが使えないため、お風呂にはいることができず就寝。sad

翌日、管理会社から電話あり。「修理の状況を確認してから、修理業者を手配するけど、修理に来るのは本日中は無理かもしれなくていつになるかわからない」・・・とおっしゃる。
いやいや、昨日、修理業者の人に現状はみてもらっているし、発注があればすぐに対応するから修理業者のおにーさんずっと待っててくれてたのに、そのおにーさんに修理頼んでくれればええやん、昨日、おにーさんの連絡先も、管理会社の電話でてくれた人に伝えてますよ??とくいさがって詳細を説明したところ、確認して折り返す、ということで。また連絡まち。

その後、管理会社から、修理の手配したとの連絡がきて、修理業者のおにーさんから連絡がきて、午後にガスの修理をしてもらうことができ、引越し翌日にようやくお風呂にはいれたのでした。

引っ越しにまつわるトラブルその2。

引越しにあわせて、ネットで押入れ用の収納棚を注文していた。引越しの翌日、棚が届いたので組み立てをしようとしたところ、天板が1枚、地板が1枚なければならないところ、地板が2枚はいっており、天板がはいっていない・・・!sad
これでは組み立てができないので、メールでショップにクレームの連絡。

翌日、返信がきて、天板を追加で送ってもらうことに。
追加の天板を受け取れたのが4月27日。さあ、組み立てるぞーcatとはりきって作業に着手してみたところ、天板と側板の結合部分の穴がずれていて、組み立てることができない・・・。

ということで、再度ショップにクレームの連絡。
ゴールデンウイーク中のためか、ショップからの返信はまだありません。

おかげで、荷ほどきできない段ボール箱と、組み立て途中の棚が部屋の片隅を占領しており、雑然とした部屋になっています。

せっかく引っ越しにあわせて棚を買ったのに・・・。悲しい。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

4/16最後の春・桜散る頃~2017桜便り

2017年4月16日、引越しの準備に追われる中、近所の桜並木に行ってみた。

20170416

桜は満開をすぎて、どんどん花びらが散っていきます。

20170416_3

石垣に日日草がたくさん咲いている。

20170416_2

 

20170416_4

20170416_5

20170416_6

20170416_7


毎年春が来るたび、この桜並木でお花見散歩を楽しんだ。
でも、それも今年が最後。

少し寂しいけど、地球がまわれば、また新しい一日がはじまるし、季節がめぐればまた新しい春に出会える。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ボリビア&ペルー南米の旅<太陽の島>の写真をアップしました。

チチカカ湖に浮かぶ、インカ帝国発祥の島<太陽の島>の写真をアップしました。

>>こちらよりご覧くださいませ

Sol

ウユニから夜行バスに乗り、早朝、ラ・パスに到着。そのままバスを乗り換えて4時間くらいでチチカカ湖沿岸のコパカバーナという街にやってきた。
途中、バスをおりて、チチカカ湖をボートでわたるというワクワク体験あり。

コパカバーナの港。ボートがたくさん泊まっています。

Photo

大量に白鳥ボートが停まっていたのが謎でした・・・。白い白鳥と、黄色い白鳥(?)

1台も使われていないけど。ハイシーズンにはこのこたちが湖に浮かんでいるのだろうか。ぜひとも見てみたいもんだわ。。

Photo_2

 

コパカバーナで泊まった宿は ラ アルデア デル インカ(La Aldea Del Inca)。
お庭からチチカカ湖が見える素敵なお宿でした。
このお庭のハンモックにゆられながら、サンセットをぼーっと眺める時間、最高に幸せでした。heart02

Photo_3

Photo_4

コパカバーナで1泊し、翌日、太陽の島-イソラ デル ソルへ行きました。

港には太陽の島行きのチケット売場の小屋↓がいくつかあって、そこでチケットを買ってボートに乗り込みます。

Photo_6


Photo_5

行きのボートは20ボリビアーノ。

朝8:30にコパカバーナを出発したボートは11時ごろ太陽の島の北側に到着。

朝はどんより曇り空に小雨rainが降っておりましたが、島に到着するころは太陽の島にふさわしい快晴sunに!

Photo_7

青い空と青い湖を眺めながら、島の南側の港を目指して緑豊かな島を歩きます!

Photo_9

島にはいくつかのゲートがあって、通る度に通行料を徴収されました。

Photo_8

1つめのゲートで15ボリビアーノ、2つめで15ボリビアーノ、そして3つ目で10ボリビアーノ。

正直こんなに何回も通行料とられると思っていなかった!
翌日にはボリビアからペルーに移動するので、手持ちの現金がギリギリ。帰りのボート代、足りるかな・・。

Photo_11

島を北から南へ4時間くらい歩いて、ようやく島の南の港に到着。
水辺でロバさんがのんびり水を飲んだり草を食べたりしています。
車が走れないこの島では、荷物運搬にロバさんが大活躍していました。

そして帰りのボート代は行きとおなじ20ボリビアーノと思いきや、まさかの25ボリビアーノ。やばい。足りないかもしれない・・・shock
同行の友人と2人して現金かきあつめ、小銭もあわせて本当にぴったり1ボリビアーノも余さずに二人で50ボリビアーノ持ってたときはミラクルが起こったと思ったね。

Photo_10

これで無事に帰りのボートに乗ることができ、コパカバーナの街まで帰ることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボリビア&ペルー南米の旅<ウユニ塩湖>の写真をアップしました。

ボリビア&ペルー南米の旅に<ウユニ塩湖>の写真をアップしました。
>>こちらよりご覧くださいませ

ずっと行きたいと思っていたウユニ塩湖・・・水面に空を映すあこがれの鏡張りの風景は雨期にしかみることができない。3月までがぎりぎり雨季にあたります。

ウユニに着いたのは3月10日の早朝。ラ・パスから夜行バスにのって、早朝ウユニの街に到着し、その日の夕方、サンセットツアーに参加しました。

Photo

足元には四角い塩の結晶がびっしり!

Photo_2


乾いた塩の大地の一部に、水が浅くたまったエリアがありました。
その日のお天気は曇りで、残念ながら沈みゆく太陽も夕焼けに染まった空もみることができなかった。

日暮れが近づくと、深い青色の雲の間から輝く落雷の姿をみることができました。
稲光の姿天から地に突き刺さる何本もの光の矢shineの美しかったこと!
写真を撮りたくて頑張りましたが、いつ光るのか予測できるわけでもなく、ぴかっflairと光ってからシャッター切るのでは稲妻を撮影できるはずもなく、偶然映り込むのを狙う作戦で。
何十枚も撮ったうち、ようやく2、3枚だけ稲妻の姿を写真に収めることができました。

Photo_3

塩湖からウユニの街に戻る途中、雨が降りだしてきて、ものすごい豪雨に・・・。

そして翌日は、フルデイツアーに参加。塩湖に到着してみたらば、前日雨が降った結果、水のたまったエリアがぐんと拡大していたのでした。

空と雲を映す鏡張りの大地・・・・そうそう、この風景が見たかったのです。

Photo_4

ツアーのガイドさんがカメラマンになっていろんなトリックアートを撮影しました。
ガイドさんがあれこれ指示するのでツアー参加者はいわれるままにポーズをとります。

Photo_5

フルデイツアーは、陽が沈む前に終了してウユニ塩湖から街へと戻ってきます。

前日、サンセットが見られなかったのが残念だったので、その日の深夜3時に出発するスターライト&サンライズツアーに参加することに。

新月のころは、天の川が水面に映る夢のような光景らしいのですが・・・この日は月が明るくて、星はあまり見えず。ムーンライトが美しい夜でした。

塩湖で迎える夜明けの瞬間、東の空は刻々と色を変えるドラマチックな朝焼け、西の空は水平線に沈む月。
もうどっちを見たらいいの、どっちも見たい!という困った状態。

Photo_6
水平線に沈む月。

Photo_7

空の月と、水面の月がだんだん近づいて、やがて重なり、消えていく・・・。

・・・この世のものとは思えない感動的な風景。

ここに来ることができて、こんな風景がみれて、本当によかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4/12春の吉野は夢幻世界~2017桜便り

4/12(水) 吉野の桜が、そろそろ見頃をむかえる。
週末の吉野はすさまじく混雑するのだけど、平日におでかけすることができる身分となった今、はりきってお花見に行ってまいりました。

山肌がピンク色に染まっている・・・!
桜の季節の吉野山は、それはもう美しく、夢幻の世界でした。

20170412

薄桃色と緑の重なりがずっと遠くまで続いています。

20170412_2

華麗な染井吉野だけではなく、可憐な山桜もたくさん咲いています。

20170412_3

20170412_4

20170412_5

下千本から中千本・・・道を進むにつれて、さまざまな桜の風景が目の前に現れます。

20170412_6

20170412_7

20170412_8

土日ほどではないと思いますが水曜日の吉野にもたくさんの人が訪れてにぎわっておりました。

桜の季節の吉野は、山全体が桜色に染まって美しく、多くの人を呼び寄せる魅力を持った場所です。

春休み、満喫しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4/10藤原京は桜と菜の花の咲く春の国~2017桜便り

4/10(月)、桜と菜の花が咲く風景を求めて、奈良・藤原京跡へ行ってきました。

今日は雨が降らなさそうだからお花見に行こう!と思い立ち、天気予報と桜の開花情報をチェックして、行先は当日の朝にきめました。


20170410

いちめんの菜の花と、桜並木!

201704102



201704103

美しすぎてなんだか泣けてくる。

201704104

桜は満開をすこし過ぎたころ。

風が吹くと、波立つ菜の花の上を、ひらひらと蝶のように花びらが舞い、夢のような光景でした。
201704105

201704106

201704107

201704108

201704109

春の国に吹く風はまだ冷たく、夢中で写真を撮っているうち、すっかり体は冷え切ってしまいました。

2017041010

幸せすぎて、たくさん写真を撮った。

なんて幸せな春休みなんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4/7雨の桜並木~2017桜便り

2017年4月7日 しとしと雨が降る中、ご近所の桜並木に行ってみました。

川沿いの桜は6、7分咲きくらい。

20170407

20170407_2

20170407_3
しっとりと艶やかに。雨に濡れた桜もいいものです。

20170407_4

20170407_5


20170407_6


20170407_7

20170407_8

20170407_9

毎年春になると桜を楽しんだこの並木道。
とくに桜の名所というわけでもなく、ご近所の人が散歩を楽しむくらいで、お気に入りの場所でした。

もうすぐ引越しするので、ここの桜を見るのも今年が最後です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«4/5京都・嵯峨野の春散歩~2017桜便り