« 嵐山の夏の夜-夕暮れの渡月橋と鵜飼いの舟 | トップページ | 長野夏旅-奈良井宿とビーナスライン »

愛宕山の千日詣りで真夜中の山登り

7月31日の夜から8月1日の朝にかけて、愛宕山頂の愛宕神社にお参りすると千日分のご利益があるという「千日詣り」。
この日は参道に明かりがともされて、たくさんの人が夜通し山を登って愛宕神社をめざすのだそう。
1年に一度、真夜中にぞろぞろ登山だなんて、なんだか楽しそう★・・・ってことで、行ってみることに。

23:20ごろ、天龍寺前のバス停よりバスに乗車。この日は、夜中まで臨時バスがでています。終点の清滝で下車し、23:30ごろ、登山スタート。山頂までは約4キロの道のり。山頂の標高は924m。

070801

千日詣りでは、登る人、下る人が互いに「おのぼりやす」「おくだりやす」と声をかけ合う習慣があります。夜を通してたくさんの人がぞろぞろと山道を歩き、暗闇の中、「おのぼりやす」「おくだりやす」の声が飛び交います。

途中、木々の間から京都の町が見渡せる場所がありました。
スマフォではキレイに撮ることができませんでしたが・・暗闇の向こうにキラキラと宝石をこぼしたような街の明かりが美しい。

170801


夜で涼しくなっているとはいえ、延々と続く階段を必死で登っていくうちに汗だらだらに。
ところどころで休憩をとってリュックにいれた麦茶で水分をとりながら、山頂めざしてひたすら歩きます。

2時間半くらい歩いて、午前2時ごろようやく愛宕神社に到着。


170801_2



070801_2

提灯の明かりに照らされた神社は、たくさんの参拝客でごったがえしていました。

神社をお参りし、「火迺要慎(ひのようじん)」のお札をいただきます。

奥のほうでは午前2時からの神事がはじまっており、雅楽の音が聞こえてきますが、人垣の向こうなので、よく見えず。
そのまま下山することに。

あまり早く山を下りても帰りのバスの始発を待たなければならないので、ゆっくりと山を下ります。
すべりやすい山道や階段が膝にかなりの負担となり、帰路も相当しんどかったです。wobbly
すべってこけている人も何度かみました。
膝をいたわりながら、ゆっくりゆっくりおりて、5:30ごろ、麓のバス停に到着。

バス停に着くと、バス待ちの列ができていました。幸いなことに並んで数分でバスがやってきたので乗り込む。

天龍寺前で下車し、午前6時に帰宅し、お風呂に入って寝ました。

登りも下りもしんどかったけど、真夜中に山登りという異常な状況をたくさんの人が共有している不思議な空間を体験できて、面白かったです。

訪問日:2017年7月31日-8月1日

|

« 嵐山の夏の夜-夕暮れの渡月橋と鵜飼いの舟 | トップページ | 長野夏旅-奈良井宿とビーナスライン »

京都の暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156561/65610031

この記事へのトラックバック一覧です: 愛宕山の千日詣りで真夜中の山登り:

« 嵐山の夏の夜-夕暮れの渡月橋と鵜飼いの舟 | トップページ | 長野夏旅-奈良井宿とビーナスライン »