南米の旅

ボリビア&ペルー南米の旅<マチュピチュ>の写真をアップしました。

いつかは行きたいとずっと願っていたあこがれの世界遺産「マチュピチュ」。
声に出して読みたい世界遺産「マチュピチュ」。

ペルー&ボリビア南米の旅に、「マチュピチュ」の写真をアップしました。

こちらよりご覧くださいませ>>

マチュピチュへの旅路は、クスコが起点となります。
現地でなんとかなるだろう、と事前にはなにも予約せずにとりあえずクスコに到着して、街中にある旅行会社にいってみた。旅行会社はクスコの街にたくさんあります。

どこも条件は似たようなもの。3件目にはいった旅行会社でマチュピチュツアーを申込みをしました。クスコからマチュピチュまでの交通機関往復と遺跡の入場料、ホテル1泊の宿泊費含めて、料金は270USD。(クレジットカード・アメリカドル払い。)

出発は翌日朝。AM9:40クスコの広場に集合し、そこからツアー会社の手配したバスに乗ります。

バスの車窓より。のどかな野原が広がるすてきな風景。

Mcpc1

Mcpc2

Mcpc3

クスコからバスで2時間ほどでオリャイタイタンボに到着。

バスを降りて、駅までの道。レストランやお土産屋さんなどが並びます。

Mcpc
この道中で子猫をみつけました。 南米では猫に会うことが少なかった・・。

Mcpc_2

Mcpc_3犬ならそこら中にいてはりました。

駅から列車「インカレイル」にのります。
Mcpc_4

車内の様子。結構狭くて、きちきちでした。
Mcpc_5

流れが急な渓流沿いを列車は走ります。Mcpc_6

1時間30分ほどでマチュピチュの駅に到着。Mcpc_7



Mcpc_8

駅のすぐそばにある市場。お土産の民芸品がずらりとカラフルな色の洪水。

Mcpc_10

レストランやホテルが並ぶ坂道。村のメインストリートです。

Mcpc_9
川沿いに黄色い花が咲いていました。

ゴミ箱がカエルの形をしていてかわいかったです。

Mcpc_11

この日はマチュピチュ村で1泊し、遺跡には翌朝、専用のバスに乗っていく。

遺跡見学したあと、夜の電車でまたクスコに戻る。ツアーが手配した電車の時間が遅く、クスコに着いたのは深夜の2時を過ぎてました。


マチュピチュ遺跡の写真はこちらよりご覧ください>>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボリビア&ペルー南米の旅<太陽の島>の写真をアップしました。

チチカカ湖に浮かぶ、インカ帝国発祥の島<太陽の島>の写真をアップしました。

>>こちらよりご覧くださいませ

Sol

ウユニから夜行バスに乗り、早朝、ラ・パスに到着。そのままバスを乗り換えて4時間くらいでチチカカ湖沿岸のコパカバーナという街にやってきた。
途中、バスをおりて、チチカカ湖をボートでわたるというワクワク体験あり。

コパカバーナの港。ボートがたくさん泊まっています。

Photo

大量に白鳥ボートが停まっていたのが謎でした・・・。白い白鳥と、黄色い白鳥(?)

1台も使われていないけど。ハイシーズンにはこのこたちが湖に浮かんでいるのだろうか。ぜひとも見てみたいもんだわ。。

Photo_2

 

コパカバーナで泊まった宿は ラ アルデア デル インカ(La Aldea Del Inca)。
お庭からチチカカ湖が見える素敵なお宿でした。
このお庭のハンモックにゆられながら、サンセットをぼーっと眺める時間、最高に幸せでした。heart02

Photo_3

Photo_4

コパカバーナで1泊し、翌日、太陽の島-イソラ デル ソルへ行きました。

港には太陽の島行きのチケット売場の小屋↓がいくつかあって、そこでチケットを買ってボートに乗り込みます。

Photo_6


Photo_5

行きのボートは20ボリビアーノ。

朝8:30にコパカバーナを出発したボートは11時ごろ太陽の島の北側に到着。

朝はどんより曇り空に小雨rainが降っておりましたが、島に到着するころは太陽の島にふさわしい快晴sunに!

Photo_7

青い空と青い湖を眺めながら、島の南側の港を目指して緑豊かな島を歩きます!

Photo_9

島にはいくつかのゲートがあって、通る度に通行料を徴収されました。

Photo_8

1つめのゲートで15ボリビアーノ、2つめで15ボリビアーノ、そして3つ目で10ボリビアーノ。

正直こんなに何回も通行料とられると思っていなかった!
翌日にはボリビアからペルーに移動するので、手持ちの現金がギリギリ。帰りのボート代、足りるかな・・。

Photo_11

島を北から南へ4時間くらい歩いて、ようやく島の南の港に到着。
水辺でロバさんがのんびり水を飲んだり草を食べたりしています。
車が走れないこの島では、荷物運搬にロバさんが大活躍していました。

そして帰りのボート代は行きとおなじ20ボリビアーノと思いきや、まさかの25ボリビアーノ。やばい。足りないかもしれない・・・shock
同行の友人と2人して現金かきあつめ、小銭もあわせて本当にぴったり1ボリビアーノも余さずに二人で50ボリビアーノ持ってたときはミラクルが起こったと思ったね。

Photo_10

これで無事に帰りのボートに乗ることができ、コパカバーナの街まで帰ることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボリビア&ペルー南米の旅<ウユニ塩湖>の写真をアップしました。

ボリビア&ペルー南米の旅に<ウユニ塩湖>の写真をアップしました。
>>こちらよりご覧くださいませ

ずっと行きたいと思っていたウユニ塩湖・・・水面に空を映すあこがれの鏡張りの風景は雨期にしかみることができない。3月までがぎりぎり雨季にあたります。

ウユニに着いたのは3月10日の早朝。ラ・パスから夜行バスにのって、早朝ウユニの街に到着し、その日の夕方、サンセットツアーに参加しました。

Photo

足元には四角い塩の結晶がびっしり!

Photo_2


乾いた塩の大地の一部に、水が浅くたまったエリアがありました。
その日のお天気は曇りで、残念ながら沈みゆく太陽も夕焼けに染まった空もみることができなかった。

日暮れが近づくと、深い青色の雲の間から輝く落雷の姿をみることができました。
稲光の姿天から地に突き刺さる何本もの光の矢shineの美しかったこと!
写真を撮りたくて頑張りましたが、いつ光るのか予測できるわけでもなく、ぴかっflairと光ってからシャッター切るのでは稲妻を撮影できるはずもなく、偶然映り込むのを狙う作戦で。
何十枚も撮ったうち、ようやく2、3枚だけ稲妻の姿を写真に収めることができました。

Photo_3

塩湖からウユニの街に戻る途中、雨が降りだしてきて、ものすごい豪雨に・・・。

そして翌日は、フルデイツアーに参加。塩湖に到着してみたらば、前日雨が降った結果、水のたまったエリアがぐんと拡大していたのでした。

空と雲を映す鏡張りの大地・・・・そうそう、この風景が見たかったのです。

Photo_4

ツアーのガイドさんがカメラマンになっていろんなトリックアートを撮影しました。
ガイドさんがあれこれ指示するのでツアー参加者はいわれるままにポーズをとります。

Photo_5

フルデイツアーは、陽が沈む前に終了してウユニ塩湖から街へと戻ってきます。

前日、サンセットが見られなかったのが残念だったので、その日の深夜3時に出発するスターライト&サンライズツアーに参加することに。

新月のころは、天の川が水面に映る夢のような光景らしいのですが・・・この日は月が明るくて、星はあまり見えず。ムーンライトが美しい夜でした。

塩湖で迎える夜明けの瞬間、東の空は刻々と色を変えるドラマチックな朝焼け、西の空は水平線に沈む月。
もうどっちを見たらいいの、どっちも見たい!という困った状態。

Photo_6
水平線に沈む月。

Photo_7

空の月と、水面の月がだんだん近づいて、やがて重なり、消えていく・・・。

・・・この世のものとは思えない感動的な風景。

ここに来ることができて、こんな風景がみれて、本当によかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボリビア&ペルー南米の旅<ラパス>の写真をアップしました。

ボリビア&ペルー南米の旅、<ラパス>の写真をアップしました。
>>>こちらよりご覧くださいませ。

20170401top

ボリビアの実質上の首都、ラ・パスのエル・アルト国際空港はなんと標高4082m。富士山よりも高いところにある、世界最高所の空港。
今回の旅は、マイアミからいきなり飛行機airplaneでラ・パスに降り立つ行程にしてしまっており、さほど深く考えずに航空券をとってから、あとになってこれは高山病のリスクが高いのでわshock・・・と青ざめたのである。

対策を調べてみたところ高山病予防薬pouchなるものがあるとのことで、旅の前日に薬を処方してもらえるクリニックへ行き<ダイアモックス>を入手して旅に臨んだ。 (保険適用外なので4000円もしました。高額!)

単身で関空を出発し、ロサンゼルスで乗り継いでマイアミへ。マイアミで長期世界旅行中の友人と合流し、ラ・パスの空港には早朝に到着。

空港では大事をとって休憩とりながら行動したけど、急に体調を崩すわけではなく・・あれ、なんかダイジョウブそう?

ところがホテルにチェックイン後、街歩きに出かけてみると、高所の影響がてきめんに表れた!
上り坂、上り階段があきまへん。すぐに息があがって、めまいがして、歩けなくなる。

サンフランシスコ寺院に行ったときのこと。英語のガイドツアーで階段をのぼったりおりたりしていろんな部屋を案内してもらううちにだんだんしんどくなって・・・ついに途中でbearing「もうあかん、もう歩けへんわ・・・」となってダウン。

ガイドツアー中のほかの人達とは離脱して、イスに座らせてもらって休憩をしていたら、寺院の人たちが声をかけてくださって、高山病の症状をやわらげるというコカ茶を入れてくれました。

20170401

うう、ボリビアの人たち、なんて優しいの・・・・。
しばらく座ってあったかいお茶をのんで休んでいると、しんどさも和らいできた。覚えたてのスペイン語で「グラシアス」を繰り返し、サンフランシスコ寺院をあとにしたのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウユニ塩湖&マチュピチュ!いつかは行きたい世界遺産、いってきました南米旅行!!

11年間つとめた会社を辞め、卒業旅行と称して、ちょっくらいってまいりましたよ、ボリビア&ペルーの南米旅行へ。happy02

旅程はこんな感じ。21日間。いままでの人生でいちばん長い旅。

club1日目club 3/7(火) recycle 17:40関空出発airplaneairplane<9H30min>airplaneairplane10:30ロサンゼルス着 
12:40ロサンゼルス発 
airplaneairplane<5H07min>airplaneairplane 20:47マイアミ着 22:06マイアミ発
airplaneairplane<6H42min>airplaneairplane 【機中泊】

club2日目club 3/8(水) recycle 05:48ボリビアのラパス着 【ラパス泊】

club3日目club 3/9(木) recycle ラパス観光 夜行バスで移動bus ラパス→ウユニ 【車中泊】

club4日目club 3/10(金) recycle 早朝ウユニ着 夕方ウユニ塩湖サンセットツアーに参加thunder 【ウユニ泊】

club5日目club 3/11(土) recycle ウユニ塩湖フルデイツアーに参加 cloudsuncloud 【ウユニ泊】

club6日目club 3/12(日) recycle ウユニ塩湖サンライズツアーに参加moon3sun ウユニ→ラパス夜行バスで移動bus 【車中泊】

club7日目club 3/13(月) recycle 早朝ラパス着 バスでラパス→コカパバーナへ移動bus 【コカパバーナ泊】

club8日目club 3/14(火) recycle チチカカ湖shipボートで太陽の島へ 【コパカバーナ泊】

club9日目club 3/15(水) recycle バスで移動bus コカパバーナから国境を越えてペルーのプーノへ 【プーノ泊】

club10日目club 3/16(木) recycle チチカカ湖shipボートでウロス島へ  夜行バスで移動bus プーノ→クスコ 【車中泊】

club11日目club 3/17(金) recycle 早朝クスコ着 【クスコ泊】

club12日目club 3/18(土) recycle クスコから バスbus・鉄道trainでマチュピチュ村へ 【マチュピチュ村泊】

club13日目club  3/19(日) recycle バスbusでマチュピチュ遺跡へ  夜バス・鉄道でマチュピチュ村からクスコへ 【クスコ泊】

club14日目club 3/20(月) recycle クスコ滞在 サクサイワマン遺跡 【クスコ泊】

club15日目club 3/21(火) recycle クスコ滞在  【クスコ泊】

club16日目club  3/22(水) recycle クスコ滞在  【クスコ泊】

club17日目club 3/23(木) recycle クスコ滞在  【クスコ泊】

club18日目club 3/24(金) recycle 12:50クスコ出発airplaneairplane<1H25min>airplaneairplane14:15リマ着 ※2時間遅れで到着。 【リマ泊】

club19日目club  3/25(土) recycle リマ観光 深夜の飛行機でダラスへ

club20日目club  3/26(日) recycle 0:02リマ出発airplaneairplane<7H23min>airplaneairplane7:25ダラス着
10:45ダラス
出発airplaneairplane<13H15min>airplaneairplane 【機中泊】

club21日目club  3/27(月)recycle 14:00成田着 16:55成田airplaneairplane<1H20min>airplaneairplane18:15大阪伊丹空港着 house

本当は、クスコから海側の町、イカ・パラカスへバス移動する予定だったのですが、このエリアでは洪水の被害が発生してるとのことでバス移動ができず、予定を変更してクスコに5泊してから飛行機でのリマ行きしたのでした。


201703

201703_2

201703_3

201703_8

201703_9

201703_10

201703_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)